放射線の健康影響問題」カテゴリーアーカイブ

閉ざされた科学者集団は道を踏み誤る ――放射線健康影響の専門家は原発事故後に何をしたのか?――

『日本の科学者』第39卷第3号、2014年3月、特集「原発過酷事故を倫理的・道義 … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題, 未分類 | コメントする

日本の放射線影響・防護専門家がICRP以上の安全論に傾いてきた経緯(6) ――ICRPの低線量被ばく基準を緩和しようという動きの担い手は誰か?――

1999(平成11)年4月21日に、東京新宿の京王プラザホテルで「低線量放射線影 … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする

科学者と政府のよくない関係

『科学』(岩波書店)2014年2月号 「御用学者」「原子力村」  原子力や放射線 … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする

「心のケア」の専門家と社会

『心と社会』(日本精神衛生会)44巻4号(154号)、2013年12月、pp.5 … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする

田中知環境安全本部放射線管理部長が責任を負った東京大学環境放射線情報(2011年3月~)

環境放射線情報対策ニュース12

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする

甲状腺の初期被曝線量がよく分からなくなってしまった経緯――災害時の科学者・研究者の責任・続(2)――

原子力安全委員会が否定する科学的有効性  放射線ヨウ素の拡散がかなり高いものであ … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする

甲状腺の初期被曝線量をどのように(なぜ)調べ(なかっ)たか?――災害時の科学者・研究者の責任・続(1)――

国連科学委員会の報告書の遅延   2013年10月に国連科学委員会(UNSCEA … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする

災害時の科学者・研究者の責任――「放射線の健康への影響と防護分科会」は医療・学術倫理にそう行動をとったか?――

 日本学術会議は東日本大震災後、放射線健康影響問題について早い段階で「放射線の健 … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする

子ども被災者支援法についての日本医師会提言

日本医師会が2013年5月8日、内閣府特命担当(女性活力・子育て支援)森まさこ大 … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする

シンポジウム 科学者はフクシマから何を学ぶのか? ―科学と社会の関係の見直し―

主催:日本学術会議第1部・福島原発災害後の科学と社会のあり方を問う分科会 日時: … 続きを読む

カテゴリー: 放射線の健康影響問題 | コメントする