月別アーカイブ: 2008年3月

国家神道は解体されたか?

「戦後の国家神道と宗教集団としての神社」圭室文雄編『日本人の宗教と庶民信仰』吉川 … 続きを読む

カテゴリー: 01著書・論文 | コメントする

宗教研究の現在と東アジアの視座――戦死者追悼問題と国家神道の概念を手がかりとして――

篠田知和基編『神話・象徴・文化』楽浪書院、2005年8月、591−608ページ

カテゴリー: 01著書・論文 | 1件のコメント

書評:磯前順一著『近代日本の宗教言説とその系譜――宗教・国家・神道』岩波書店、2003年

『日本史研究』499号、2004年3月、114−121ページ

カテゴリー: 02エッセイ | 1件のコメント

「今がわかる名著 宗教」上中下

『東京新聞』2006年6月11日

カテゴリー: 02エッセイ | 1件のコメント

書評と紹介:阪本是丸編『国家神道再考――祭政一致国家の形成と展開』弘文堂 二〇〇六年一〇月 

『宗教研究』353号、2007年9月、269−275ページ

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

科学とスピリチュアリティ――生命操作と還元主義を越えて

『科学』900号(77貫8号)、2007年8月、854−6ページ

カテゴリー: 01著書・論文 | 1件のコメント

書評:アン・B・パーソン『幹細胞の謎を解く』(渡会圭子訳)みすず書房、2005年

『週刊読書人』2006年2月24日

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

人の胚を研究利用することの是非――生命倫理と宗教文化――

渡辺直樹編『宗教と現代がわかる本 2007』平凡社、2007年3月、118−12 … 続きを読む

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

国民表象の斉一性と国民意識の多層性――兵藤裕巳『演じられる近代――〈国民〉の身体とパフォーマンス』を読んで――

『文学』隔月刊第6巻第6号、2005年11−12月、229−232ページ。

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする