02エッセイ」カテゴリーアーカイブ

国民表象の斉一性と国民意識の多層性――兵藤裕巳『演じられる近代――〈国民〉の身体とパフォーマンス』を読んで――

『文学』隔月刊第6巻第6号、2005年11−12月、229−232ページ。

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

強硬派政治宗教勢力の台頭をどう理解するのか?

マリーズ・リズン『ファンダメンタリズム』(中村圭志訳)岩波書店、2006年、解説 … 続きを読む

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

死生学の展開と組織化――東京大学大学院人文社会系研究科グローバルCOEプログラム

『臨床看護』456号(へるす出版)、2007年11月、2007−2010ページ … 続きを読む

カテゴリー: 02エッセイ | 1件のコメント

仏教的スピリチュアリティと生命倫理

『春秋』492号、2007年10月、1−4ページ 「スピリチュアリティ」という語 … 続きを読む

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

慈悲の倫理と日本仏教

『春秋』400号、1998年7月、13−16ページ インド哲学・仏教学の大家で授 … 続きを読む

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

日本文化に根づいた仏教――書評:阿満利麿著『仏教と日本人』ちくま新書

『日本経済新聞』2007年6月17日号

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

思想史からの死生観研究は死生学教育の礎石の一部である(コメント)

『年報日本思想史』(東北大学)第6号、2007年3月(「死生観と教育と日本思想史 … 続きを読む

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

宗教と政治の関係をめぐる混迷――小泉政治が残したもの4

『東京新聞』2006年9月7日(夕刊)

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

生命倫理と宗教――――問われる望ましい医療

『中外日報』2007年1月1日号 日本の宗教界では生命倫理に対する関心が高まって … 続きを読む

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする

スピリチュアル・ブームにひそむ危険――現代人はどこに向かって生きるのか

『キリスト新聞』2007年4月7日号 『スピリチュアリティの興隆』という著書の準 … 続きを読む

カテゴリー: 02エッセイ | コメントする